インバウンドマーケティング事業

百度(バイドゥ・Baidu)をはじめとした中国の検索エンジンのマーケティングを行い、最適化させ訪日中国人に向けた集客プランをご提案いたします。

訪日中国人は2016年には600万人(台湾、香港も含めると1000万人以上)を突破しており、その消費額も多いことから訪日中国人に向けた対策(インバウンドマーケティング)を講じる企業様、店舗様が増えてきています。中国のWebマーケティングは日本と大きく異なり、google、Yahoo!はほとんど使用されないため、中国に特化したWebマーケティング戦略が必須となります。

当社では、訪日中国人向けに予算に応じた様々なプランをご用意しております。インバウンド需要をしっかり取り込み、売上アップのためのお手伝いをさせていただきます。

インバウンドマーケティングのポイント

インバウンドマーケティングにおいても、日本と同じようにキーワードマーケティングは非常に重要です。中国の人は自国のものよりも日本の製品やサービスに絶対的な信頼を寄せる人が多く、検索エンジン(バイドゥ)で商品名やオススメの観光地を検索したり、Weibo(中国版Twitter)でインフルエンサー(KOL)の意見を参考にしたりします。この辺りは日本と同じと言えるでしょう。

しかし、中国の人が使う独特の検索キーワードが存在したり、そもそも関連したコンテンツが検索エンジン上に存在しないと存在を知ることすらできません。まずは訴求したい商品やサービスに関連するコンテンツをBaiduにインデックスさせ、知ってもらうための導線を作ることから始めてみましょう。
例:中国語版サイトを作る、百度百科(Baiduのウィキペディア)に記事を作る、Weiboアカウントを運用する…etc

中国検索エンジンマーケティング【百度(Baidu・バイドゥ)マーケティング】

中国内でシェア7割を超える中国内最大の検索エンジン・百度(Baidu・バイドゥ)の対策を行います。百度SEO、Baiduディレクトリ登録、サジェスト対策、リスティング広告などご予算に応じて百度の最適化を行います。インバウンドマーケティングはまず百度対策から始めることを推奨いたします。

Weibo(微博)マーケティング【ページ制作中】

日本で利用されているTwitterとFacebookを足して2で割ったようなWebサービスで、月間アクティブユーザーは3億人以上言われているといわれています。日本で人気のある商品やサービス、店舗をWeibo上で検索スルーユーザーも非常に多く、検索エンジンと合わせて対策することをオススメします。

Copyright 2017 Luminage Co., Ltd