動画プロモーション【動画広告運用】

動画広告を始めていない会社様は要注意!今すぐ動画広告運用でブランディングを!

動画市場は2020年には2,000億円市場へ

動画元年と言われている2015年の動画広告の市場は506億円となり、前年比で160%の伸びを記録しています。5年後の2020年には2000億円を超える見込となり、動画広告市場、とくにスマートフォンの動画広告市場は、今後急成長していく見通しとなっております。

スクリーンショット 2016-07-20 13.10.59

動画広告運用って具体的にどうすればよいの?

動画広告市場が成長している、と言われても今まで動画に対する取り組みがなされていない場合、具体的になにをやればいいのかわからないというのが本音ではないでしょうか。弊社では、YouTubeをはじめとし動画広告の運用にこれまで積極的に取り組んでまいりました。最近では、Facebook(Instagram)やLINEなど動画広告が出稿できるプラットフォームが次々と登場しています。弊社では、ご予算やターゲットに合わせて動画広告の運用をご提案させていただきます。

動画広告の目的

動画広告は、主に2通りの目的で使用されます。

①ブランディング型
主にナショナルクライアント様が行う形で、どれだけ多くの人にリーチできるかを重視します。テレビ広告と同じような感覚で動画広告を大手メディアを中心に展開します。

②CPA(CPI)重視型
1件の獲得に重点を置き、費用対効果が見合うのかをしっかり測定しながら運用する形です。1件の成約、購入、ダウンロード・・・業態により成果地点は異なりますが、決められた予算で動画広告を運用し、最終的に費用対効果が高いメディアに予算を投下するケースが多いです。動画広告はまだ出稿されている企業様が少ないため、比較的低単価で出稿することが可能となるため、結果としてCPA(CPI)を他広告よりも抑えることが可能となります。

ご提案内容(一例)

①インフルエンサーマーケティング
最近ではTwitterやInstagramなどのSNSで大きな影響力を持つ”インフルエンサー”と呼ばれる人の活躍が目立ちます。ファッションモデルをはじめとし、F1層のリーダー的ポジションのインフルエンサーに、Facebook、Twitter、Instagram上で商品やサービスのプロモーションをしてもらいます。
mintz_service_img01

②YouTuberプロモーション
YouTube上で独自の切り口や見せ方で活躍するYouTuberにプロモーションを依頼する手法です。
スクリーンショット 2016-08-17 11.39.24

③SNS広告運用
多くのユーザーに動画を見てもらうブランディング目的として動画広告を運用します。主にFacebookやInstagram、Twitter上で動画広告を展開し、多くのユーザーにリーチさせます。
insta_1

発注から運用までの流れ

運用までの流れ
ヒアリング
ご予算や目的、サービスや商品の概要などをヒアリングし、出稿プランを決定します。
ご発注
発注書を作成し、ご記入いただきます。
ご入金
動画広告の内容に応じて広告費をご入金いただきます。
運用
決められたご予算で動画広告の運用を開始します。
お支払い
広告運用費をお支払いいただきます。

お問い合わせ

お問い合わせありがとうございます。担当者より追ってご連絡させていただきます。

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}

Copyright 2017 Luminage Co., Ltd