サジェスト対策・虫眼鏡対策の最前線

2017年3月、Yahoo!のサジェストは大変動でした

特に公式に発表されたことはありませんが、今年の3月、Yahoo!のサジェスト、虫眼鏡周りは非常に大きな変動がありました。Yahoo!のサジェストは基本的にPC、スマホ別々の内容が表示されていましたが、今回の変動でほぼ統一されることになりました。おそらく、業者対策のためのものでもあり、スマホファーストがここでも取り入れられた形でしょう。基本的にスマホのサジェスト対策はPCのサジェストよりも難しかったため、多くのワードで対策が難しくなっています。色々なキーワードを見てみると、今もサジェスト対策業者が行っていると思われるキーワードも散見されますが、全体的には非常に綺麗になっています。

また、更新頻度に関してもYahoo!の場合は一日に一回でしたが、一日に複数回、それもキーワードによって時間や頻度が異なるような動きが観測されています。サジェストの表示が切り替わり、対策していたワードが表示されても1時間後には消えていたり、一度も更新されないようなキーワードもいくつか観測されています。ここ最近はアルゴリズムが変わった当初よりは落ち着いた動きをしているように思えますが、まだまだ不規則な動きもいくつか見られるため、引き続きモニタリングする必要がありそうです。

虫眼鏡対策も難しい

Yahoo!には虫眼鏡表示があり、サジェストと基本的には連動することも多かったのですが、サジェスト対策によりサジェストに表示されても虫眼鏡には表示されないという事象も様々なワードで確認されています。逆にキーワードによっては全く更新されないようなものもあり、事実上対策が不可となるキーワードも増えています。このあたりは引き続きデータを取っていかないと表示できるかどうかの案内が難しいため、まずは対策をしてみることがしばらく必要になりそうです。

消されてしまったサジェストキーワードは再表示がほぼ不可能に

サジェストに一度は表示されたものの、Yahoo!側に消されてしまったキーワードは再度表示されることが不可となります。おそらくクエリ単位で制御しているのでしょう。その場合は、代替ワードを使用して再対策を行っていく形となり、文字通りのいたちごっことなります。そのため、なるべく消されないように対策を行うことがサジェスト対策のキモとなります。

サジェストにブラックと出ている企業が多数

今回の変動で、企業名で検索したときに『ブラック』というサジェストが表示されるケースが非常に増えています。これはモバイルで『ブラック』と検索されるケースが多いためと考えられ、ネット風評被害につながる前に検索して確かめてみることをオススメします。

引き続きサジェストに関しては注視し、新しい動きがあり次第ご報告していければと思います。

サジェスト対策の詳細はこちら

Copyright 2017 Luminage Co., Ltd