YouTube広告運用【Trueview広告】

広告単価が圧倒的に安く、訴求力抜群のTrueview広告でアクセスアップ!

2015年は動画元年と言われており、動画市場は急速に拡大しています。動画市場で大きなシェアを占めているのはYouTubeでグローバル動画市場の40%のシェアを誇ると言われています。そんな多くの視聴者が集まるYouTube内の広告はまとめてTrueview広告と呼ばれており、出稿する企業様が日に日に増えています。基本的には通常のリスティング広告と同様、オークション制となっており、まだまだ参入の余地が残されているため、リスティング広告よりも安価で広告を出稿できるのがTrueview広告の最大のメリットです。

Trueview広告の種類

Trueview広告には4種類の表示形式があります。

①インストリーム広告
youtubeの広告の中では最も訴求力が高く、目にする機会が多いのがこのインストリーム広告です。インストリーム広告は広告が流れて5秒後にスキップできるものと、スキップができない最長30秒広告の2種類があります。動画の途中に流れるタイプもあります。視聴者がまさに見ようとしている動画の部分に表示される広告のため、YouTube広告の中では最も効果が高いと言えるでしょう。また、PCだけでなく、スマートフォンやテレビ、ゲーム機などでYouTubeを見ているユーザーに流れるのも大きな特徴です。
インストリーム広告


②インディスプレイ広告
視聴動画の右上に表示される広告です。関連動画の最上に表示されるので、比較的目につく部分のため、訴求力はまずまずといえます。
ディスプレイ広告


③オーバーレイ広告
再生途中に動画下部に表示される広告です。動画の上に直接表示されるため目にとまりやすく、CTRも比較的高くなる傾向があります。
オーバーレイ広告


④インサーチ広告
youtube内でキーワード検索を行う際に、検索結果画面の上部に表示される広告です。検索キーワードと親和性の高いジャンルの広告を表示させるとCTRは高くなりますが、全く関係のないジャンルの広告が表示されることもあります(下のキャプチャは検索キーワードがダイエットなのに名刺管理システムの広告が表示されています)。ダイエットなど検索ボリュームの大きいワードに広告を表示させることで身につく機会は増えますが、スパムのような認識を持たれてしまうリスクもあるので注意です。
インサーチ広告

youtube広告運用において当社を利用するメリット

リスティング広告をはじめとする広告運用は自社で取り組まれている会社様も多いかと思いますが、多くの場合満足のいく結果が得られておりません。

広告をどのようなユーザーに向けて訴求すべきかわからない…(ターゲット設定・キーワード設定)
複雑なgoogleの管理画面をどのように分析すればよいかわからない…
出稿期間中に随時チューニングできる人材の確保が難しい…
そもそもyoutube広告がどれくらいの効果があるのかわからない…

広告運用を行っていると少なからずこのような課題や悩みに直面します。

当社では、動画制作や動画広告運用、特にyoutubeに関する研究をこれまで行ってまいりました。テレビ広告よりもずっと低予算かつテレビCMに引けを取らない多くのユーザーにアプローチできるyoutube広告は、今後のWeb広告の中心となることは間違いありません。
とはいえ、効果がどの程度あるのかもわからないから出稿をためらっている会社様も多いかと思いますので、当社では広告費が経営を圧迫しないようできるだけ予算を抑えた運用プランをご提案させていただいております。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。担当者より追ってご連絡させていただきます。

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}

Copyright 2017 Luminage Co., Ltd