中国検索エンジンマーケティング【百度マーケティング】

百度(Baidu・バイドゥ)を制するものは中国マーケティングを制す

日本でWebマーケティングというと、まずは検索エンジンの最適化をイメージされる方は多いと思いますが、中国でもその考え方は非常に重要です。中国ではgoogle、Yahoo!を利用するユーザーはほとんどおらず(googleは2010年に中国本土から撤退しています)、百度(Baidu・バイドゥ)という検索エンジンが多く利用されています。
百度シェア

グラフを見て分かるように、百度のシェアはPC・モバイル合わせて8割近くを占めています。そのため、中国のWebマーケティングにおいては、この百度を中心に行っていくことが重要となります。

最低限行うべき中国のWebマーケティング(バイドゥ・百度対策)

1.ローカライズサイトの作成

まずは中国の人が読めるWebサイトを準備する必要があります。多くのWebサイトでは、トップページに言語(language)を変更できるボタンを設置し、そこで中国語で書かれたページに飛べるように対策しております。もちろん、新しいドメインを取得し、分けて管理しても問題ありません。

2.中国本土からアクセスできるように百度(Baidu・バイドゥ)へのインデックス申請を行う

日本ではWebサイトを公開すれば巡回頻度の高いgoogleのクローラーが回ってきてインデックスされますが、百度はクローラーの巡回頻度が低いうえに、基本的にWebサイトは中国の工信部という行政機関(正式名称は中華人民共和国工業情報化部)が一括管理しており、個々に申請を出すことで中国本土からもWebサイトにアクセスできるようになります。そのため、まずは工信部への申請を行います。許可が下りましたら『ICP登録番号』という番号が発行されるので、それをページ内に貼り付けて完了となります。その後に、バイドゥへの登録申請をhttp://zhanzhang.baidu.com/linksubmit/urlより行います。

3.サイトマップの送信を行う

前述したとおり、百度はクローラーの巡回頻度があまり多くないため、日本以上にサイトマップの存在が重要です。サイトを更新したらこまめにサイトマップを送信することをオススメします。

まずは上記3ステップを行い、中国から現地の人がアクセスできるよう対策を進めていきましょう。当社では、サイトを公開するまでの上記3ステップをお手伝いさせていただいております。お気軽にご相談ください。

サイトが公開されたらSEO対策!

サイトが公開されたら次はSEO対策です。百度(Baidu・バイドゥ)にもSEO対策という概念があり、いわゆる内部対策と外部対策という考え方も共通しています。

内部対策においては、コード(H1タグやタイトルタグ、metaタグなど)の最適化とコンテンツの追加が重要です。特に百度の場合、metaタグが必ずそれ通りに反映される(googleの場合、指示は出せるが表示されるかどうかはあくまでもgoogle判断)ため、非常に重要です。SEOで最適化させたいキーワードはしっかり内部対策を行いましょう。

外部対策も基本的にはgoogleと同じですが、百度の関連サイト(百度知道:バイドゥが運営するQ&Aサイト、百度百科:バイドゥが運営するオンライン百科事典、百度文库:バイドゥが運営するドキュメントシェアサービス)からリンクを張られていることが特に重要視されます。また微博(Weibo)や人人(jinjin)などSNSからのリンクも重要視されている点もgoogleと少し異なります。内部対策と外部対策をバランス良く行い、上位化を目指していきましょう。

百度でも対策可能!サジェスト対策

日本ではお馴染みとなりつつある『サジェスト』。Yahoo!やgoogleでこのサジェスト部分に会社名や商品名を出すサジェスト対策は多くの企業が導入していますが、百度においてもサジェスト対策を行うことで表示させることが可能です。
百度サジェスト対策

百度の公式発表によると、中国のバイドゥユーザーの実に50%以上がサジェスト表示をクリックしているとのことなので、非常に効果が高いプロモーション手法であることがわかります。百度にサジェスト機能が実装されて5年以上経過しており、今となってはユーザーがサジェストをクリックするのは当たり前の挙動となっているようです。
特に日本と同じように中国でもスマートフォンのシェア率が急速に高まり、PCよりもスマホで検索するユーザーが圧倒的に多いため、スマホの百度サジェストは非常に効果的です。中国では、PCよりもスマホの検索クエリ数が2.5倍多いといわれています。PCでの検索体験を経ずにいきなりスマホから入るユーザーも多く、日本でいわれている『スマホファースト』ではなく、『スマホオンリー』の文化を持つのが中国です。
中国においてサジェスト対策を行っている企業様はゼロに等しいため、先行者利益を獲得できる今がチャンスです。ぜひ一度ご相談ください。

バイドゥ対策お問い合わせ

日本以上にキーワードマーケティングが重要です!

SEOで重要なのは『どのキーワードで対策するか』ということですが、中国では少し独特なキーワードで検索されます。例えば、東京に旅行に行くときにどこに行こうかと調査をするとき、中国人は『東京 旅行』と検索せずに『東京旅行攻略』と検索します(実際は中国語で検索します)。この『攻略』という文言がキーワードで、中国では様々なキーワードと一緒にこの『攻略』が検索されます。
このような中国独特の事情を知らないと、間違ったキーワードマーケティングを実施してしまう恐れがあるため、日本以上に需要のあるキーワードに対して気を配らないといけません。当社では、このようなキーワードマーケティングに関するアドバイスもさせていただきますのでご安心ください。

実施までの流れ

契約からお支払いまでの流れ
ヒアリング
目的やターゲット、対策状況、ご予算などをヒアリングした上で、施策内容をご提案いたします。
ご発注・ご入金
申込書兼契約書をFAXまたはメールにてお送りし、FAXまたはメールにてご返送いただきます。また、施策内容によって初期費用をお支払い頂きます。
対策開始
施策内容に応じて対策を開始いたします。
施策の成果共有
行った施策の状況、成果を共有いたします。
お支払い
対策費用をお支払いいただきます。お支払いのサイクルは、月末締めの翌15日払いとなります。

対策料金

百度SEO対策

月々100,000円〜
※対策状況やキーワードにより異なります。
※最低6ヶ月間の契約をお願いしております。

百度サジェスト対策

月々50,000円〜
※対策するキーワードにより異なります。
※最低3ヶ月間の契約をお願いしております。

百度リスティング広告出稿

月々300,000円〜
※出稿費、運用費を含みます。
※最低6ヶ月間の契約をお願いしております。

Webサイトローカライズ

都度見積もり

よくある質問

Q.中国語が全く分かりません。大丈夫でしょうか?

A.はい、問題ありません。Web専門の中国スタッフがおりますので、日本語のニュアンス等もしっかりくみ取った上でローカライズいたします。

Q.店舗です。訪日中国人を取り込んでいきたいのですが受け入れ体制が整っていません。Web以外の対応も可能でしょうか?

A.当社では店舗様のご負担を少しでも少なくするために、外国人向けのメニューやPOPなどの印刷物の作成においてもサポート可能です。パッケージでお申込みいただけるプランもございますので、お問い合わせください。

Q.中国本土以外(台湾、香港)のWebマーケティングは可能でしょうか?

A.はい、可能です。台湾や香港では、googleやYahoo!が使用されているため、比較的日本と似た対策手法になります。ご予算に応じてプロモーションプランをご提案いたします。

お問い合わせ

お問い合わせありがとうございます。担当者より追ってご連絡させていただきます。

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}

Copyright 2017 Luminage Co., Ltd