ネット風評被害対策・誹謗中傷対策

加速するネット風評被害。風評被害対策を怠ると大きな損失を招きます。

消費者や企業がインターネット上で情報収集を行う上で大きな障害となるのが『ネット風評被害』。当社ではネット風評被害対策を行うことで、イメージアップや売上アップの向上はもちろん、様々な副次効果が得られると考えております。ネット風評被害対策は被害が小さいうちに行うことが必須となりますので、お早めのご検討されることをおすすめいたします。当社は風評被害対策の専門会社として多数の実績がございます。お困りの際は、是非一度ご相談ください。

目次

ネット風評被害とは?

ネット風評被害とは、インターネット上で根も葉もないネガティブな情報が飛び交い、あらゆる面で損失を被ることをいいます。いくつかのネット風評被害の例をご紹介します。

サジェスト汚染

例えば、Yahoo!やgoogleでキーワード検索を行う際にキーワード候補(サジェスト)が表示されますが、その候補表示に「倒産」「過労死」「詐欺」「2ch」「パワハラ」「労災」「ブラック」「トラブル」といったネガティブなワードが表示されるケースです。このケースはサジェスト汚染といわれています。

ネット風評被害(サジェスト汚染)の実例
風評被害事例1
ネット風評

サジェストは『多くの人が検索しているキーワード』という認識を持たれているため、この部分に表示されるだけで第一印象が非常に悪いものになってしまいます。サジェスト表示はクリック率が非常に高く、特に悪いキーワードであればあるほどクリックされやすくなるというデータも存在するため、早急の対応が必要となります。当社では、長年培ってきた手法でヤフーで95%以上、googleにおいても90%近くの確率でサジェスト汚染を取り除くことが可能です。

ネガティブコンテンツの存在

サジェスト汚染以外のケースとして、会社名やサービス名、商品名等で検索したときに、上位にそれらのネガティブなニュース記事や口コミサイトが表示されるケースもネット風評被害の一つです。
風評被害事例2


本ケースの場合、逆SEOという手法でネガティブなサイトを押し下げる対策を行います。2ページ目以降においやることで非常に高い確率で人目につかなくなるため、SEOの技術を応用して逆SEO対策を行います。

悪い口コミの存在

グーグルのマイビジネスや転職サイトなど、その会社や商品に対する口コミを書ける場所が昨今では増えてきました。これらのネガティブな口コミもネット上の風評被害の一例です。

悪い口コミの例

口コミの影響は非常に大きく、ネガティブな口コミが書き込まれてからお客さんが来なくなったなどのご相談が多数寄せられます。

3つのネット風評被害をご紹介してきましたが、ネット風評被害は、取引先や就活生、一般消費者に悪印象を与え、ひいては売上の減少や人手不足、最悪の場合は倒産にまで追い込まれる可能性すらあります。

風評被害の例

当社では、このようなネット風評被害にあわれているクライアント様に向けて風評被害対応を行っております。ネット風評被害でお悩みのお客様は、風評被害対策の知見が豊富な当社にぜひ一度ご相談ください。

風評被害対策資料請求

ネット風評被害とはどのように向き合えばいいの?

ネット風評被害対策という概念が生まれたのは、消費者の検索エンジンのリテラシーが年々高まってきたことが背景に上げられます。インターネットが普及する前、何かについて情報を得ようと思ったときはマスメディアを利用したり、ヒトからヒトへの口コミが一般的でした。しかし、インターネットが普及し、欲しい情報のほとんどが手に入るようになってからは、ユーザーはネット上で欲しい情報をあらゆるキーワードで検索するようになりました。特に、比較対象があるものにおいては、そのサービスや商品が実際どのような評判を受けているかを調べるために『口コミ』や『評判』といった第2キーワードを入力して検索するようになり、ヒットする大手口コミサイトなどの情報を高い割合で参考にするのが普通になりました。

もしそこに書かれていたネガティブな口コミが、消費者の勘違いや誤りから発生していたものだとしたら・・・これは紛れもなくネット風評被害です。もちろん、そのユーザーも悪気があってその口コミを投稿したのではないかもしれませんが、結果としてそれを多くの消費者が鵜呑みにし、離れて行ってしまいます。企業様にとっては看過できない事態ではないでしょうか。

このような背景もあり、ネット風評被害を未然に防ぐ、あるいは被害を最小限にとどめられるよう、各社様ネット風評被害の対策を行うケースが増えてきています。ネット風評被害対策の市場は年々増加し、今後その傾向は拡大していくことが想定されます。風評被害対策は今後ますます認知されていくことでしょう。

ネット風評被害対策を行いイメージアップを図っていくことは非常に重要なことだと当社では考えております。

弁護士さんに相談すれば解決する・・・?

では実際にネット風評被害が起こってしまったらどうすればよいのでしょうか。おそらく、初めに浮かんでくるのは弁護士の存在でしょう。実際、事実無根の風評被害は、弁護士を通して削除申請をしてもらえば解決すると思われている会社様も多いですが、あまりオススメはできません。

理由としては、一時的な対策でしかなく、再度風評被害にあってしまったときに再度費用が発生するためです。最悪なケースとしては、着手金を取られたにもかかわらず、削除できない内容で着手金が無駄になってしまうことです。そのため、風評被害対策はSEOのノウハウを用いて行うのが安全で建設的と言えます。

しかし、口コミサイトの書き込みなど、一部弁護士の方が高確率で削除できるケースがあります。サジェスト部分や虫眼鏡部分、ネガティブ記事を2ページ目以降に押し下げる逆SEO等は風評被害対策会社の方が強く、誹謗中傷記事や事実無根のネガティブな口コミ削除などは専門弁護士の方が強いと言えます。

当社では、風評被害状況を見てどちらの方が良いかご提案させて頂きます。

ネット風評被害対策はどのように行うの?

ネット風評被害対策は、具体的にどのように行っていけば良いのでしょうか?

サジェスト(関連キーワード)汚染の場合

サジェスト汚染の場合、汚染されたキーワードの代わりにいくつかのキーワードを用意し、そのキーワードを表示させるというのがメインの対策になります。イメージとしては、代替ワードでサジェスト汚染されたワードを押し出すイメージです。ネガティブワードを押し出した後は、クリーンな状態がキープされるよう対策をし続けます。google、ヤフーそれぞれで表示内容が異なるため、それぞれでの対策が必要となります。
サジェストに関しては、ヤフーの方が早く結果が出ます。またサジェストの部分だけでなく、虫眼鏡に表示されている部分も対策が可能です。ヤフーの場合は早ければ2,3日、遅くても2週間程度でワードを削除することが可能です。googleの場合、早くて2ヶ月程度、遅い場合は半年程度を要します。

2017年3月にYahoo!のサジェストのアルゴリズムが変更となり、PC、スマホ共に基本的に同じサジェストが表示されるようになりました。この変動に伴い、ヤフーの方で企業名を検索すると『ブラック』と表示されるケースが非常に多く確認されているため、もし表示されている場合は早めの対策をおすすめいたします。
風評対策の前後

ネガティブコンテンツの場合

検索結果にネガティブな内容のサイトが表示されている場合、それらを二ページ目以降に押し下げることで検索結果をクリーンな状態にすることができます。検索結果の場合は、基本的にgoogleとヤフー同じ結果が表示されるので、googleの方の対策を中心に行います。順位を下げたいサイトの内容にもよりますが、12ヶ月程度で改善されていくケースが多いです。

悪い口コミの場合

投稿内容や場所、Googleマイビジネスの管理状況によって打てる対策が異なります。Googleのレビューにおいては、ネガティブな内容であっても基本的に削除することはできません。転職会議などの求人系の口コミサイトもネガティブな口コミがあると応募率に大きく影響します。早めに適切な処置を行うことが大切です。

サジェスト対策、逆SEO、口コミ対策、いずれのケースも対策をし続けることでクリーンな状態をキープできるものであり、対策を止めてしまうとまた新しいネガティブワードが表示されてしまったり、悪質な口コミサイトが上位に再表示されたりしてしまいます。そのため、継続的に対策を行うことを推奨いたします。

風評被害対策の実績(一部)

求人を強化したい大阪のシステム開発会社様

『当社で働いていた元従業員が、転職口コミサイトで不平不満を書いており、会社名で検索したときに1ページ目の3番目に表示されていて困っていました。逆SEOをお願いし、6ヶ月かけて2ページ目に押し下げたら中途採用の応募が増えました!』

アイドルをかかえる東京の芸能事務所様

『最近売り出したいアイドルがいましたが、彼氏とのプリクラが流出して炎上して困っていました。サジェストの部分も検索結果ページも汚染されていましたが、どちらも対策することでお仕事の依頼も増えました』

食中毒を起こしてしまった福島の食品会社様

『お弁当を提供していますが、1年くらい前に食中毒を起こし、それ以来注文がほぼなくなりました。内部体制を見直して再起をかけておりましたが、ネット風評被害のせいでなかなか注文が入らずにおりました。取引業者さんに紹介されて依頼しましたが、対策をしてもらうことで状況は改善し、以前よりも数倍の注文数を受注できるようになりました!もちろんそれ以来食中毒はおきていません』

※上記は一例です。

ネット風評被害が進むことで企業やその人のイメージダウンは避けられません。SEOで順位を上げることも重要ですが、ネット風評被害を受けている状態で順位を上げてもその効果は半減してしまいます。ネット風評被害で悩まれているクライアント様は、風評被害対策のプロである当社に是非一度ご相談ください。


SEO対策資料請求

他の風評被害対策の会社よりも当社が支持される理由

当社は風評被害対策をはじめとし、サジェスト対策、SEO対策、逆SEO対策、リスティング広告など検索エンジン周りのあらゆるアルゴリズムを日々研究し、各クライアント様の課題解決に向けて取り組んでおります。多くの風評被害対策会社様は風評被害対策のみを専門として行うケースが多いですが『風評被害は解決したけど、その後どうやって事業を加速させるか』についてご提案ができる風評被害対策会社はほとんどありません。

当社では、風評被害対策はもちろん、Webコンサルティングのスペシャリストとして風評被害対策⇒集客までワンストップでお付き合いいただけるよう様々なご提案が可能です。風評被害対策+アクセスアップ施策をパッケージでお安く提供することなども可能となっており、多くのクライアント様にご好評いただいております。
変化の激しい検索エンジン周りのご相談は、ワンストップでできる方が解決スピードも速く、コストダウンも可能となります。風評被害対策もアクセスアップ施策も是非当社にお任せください。

費用について

継続しやすい業界最安水準の料金設定

風評被害対策は長期で対策を行うことが必要となるため、できる限り低コストでサービスがご提供できるよう心がけております。もし当社よりも低料金の対策会社様がございましたらお気軽にお申し付けください。

非表示後の対策を継続して頂ける場合は費用を割引

一度非表示になっても対策を止めてしまうと再表示されてしまったり、新たなネガティブワードが表示されることも多いため、当社では非表示後も継続していただけるよう、非表示後の対策費用に関してお値引きさせて頂いております。

よくある質問と答え

Q.ネット風評被害が起きているかどうか、どこを見ればよいですか?
A.googleサジェスト、google関連キーワード、PC版Yahoo!サジェスト、スマホ版サジェスト、Yahoo!虫眼鏡、検索結果1ページ目、まずはここをしっかりチェックするようにしましょう。会社名やサービス名、個人名などで検索したときに上記の部分にネガティブワードが表示された場合、風評被害対策が必要です。特にサジェストの部分は多くのユーザーがクリックしている部分であり、ネガティブなワードの方がクリック率が高いというデータも出ています。

Q.サジェストと関連キーワードは何が違うんですか?
A.グーグルのサジェストと関連キーワードは非常にしくみがわかりにくく、中には対策会社と企業様間でトラブルに発展するケースがあるようです。当社では対策前にきちんと現状とサジェスト、関連キーワードの仕様を説明させて頂いた上で、対策内容と行うことで「何がどうなる」かをご説明させて頂きますのでご安心ください。

Q.一度消えたらもう表示されないんですか?
A.キーワードによりますが、特に口コミや評判といったキーワードは再度表示されてしまうケースが多く、『消えたから解約してみたけど再度表示されてしまったからまた依頼したい』というクライアント様も多くいらっしゃいます。

Q.SEOに影響が出る心配はありませんか?
A.風評被害対策を行うことで、対象サイトの順位が下がってしまうなどの報告はこれまで一度もございません。

Q.逆SEO対策はどのように行いますか?
A.ブログやサイト、SNS、求人ページなどを新規で立ち上げ、SEO対策を行ってネガティブなサイトよりも上位にランクインさせられるようにします。ネガティブなサイトに直接何かを働きかけるような施策はできかねますのでご了承下さい。

Q.風評被害が起きていないかを毎日チェックするのは大変・・・
A.当社のネット風評監視サービスをご利用ください。毎日システムが風評状況を監視し、管理画面を見るだけで一目で状況が分かるようになります。

注意事項

※被害状況によっては対応できかねる場合がございますのでご了承ください。
※最低6ヶ月からの契約をお願いしております。

風評被害対策資料請求

Copyright 2020 Luminage Co., Ltd