ネット風評被害対策を行って、営業活動や採用活動を正常化させませんか?

消費者や企業がインターネット上で情報収集を行う上で大きな障害となるのが『ネット風評被害』。ネット風評被害対策を行うことで、イメージアップや売上アップの向上はもちろん、様々な副次効果が得られます。当社では、逆SEO対策をはじめとする様々なネット風評被害対策が可能です。また、ネエット上の風評被害が起きていないかどうかを日々監視する監視ツールも提供しております。

目次

ネット風評被害とは?

ネット風評被害とは、インターネット上で根も葉もないネガティブな情報が飛び交い、あらゆる面で損失を被ることをいいます。いくつかのネット風評被害の例をご紹介します。

被害①:関連検索ワードの汚染

例えば、Yahoo!やgoogleでキーワード検索を行う際に、キーワード候補(予測候補ワード)が表示されますが、その候補表示に「倒産」「過労死」「詐欺」「2ch」「パワハラ」「労災」「ブラック」「トラブル」といったネガティブなワードが表示されるケースです。このケースはサジェスト汚染ともいわれています。

実例
風評被害事例1
ネット風評

検索候補ワードは『多くの人が検索しているキーワード』という認識を持たれているため、この部分に表示されるだけで第一印象が非常に悪いものになってしまいます。当社では、長年培ってきた手法でヤフーで95%以上、googleにおいても90%近くの確率で、検索候補ワードを非表示化させることが可能です。

被害②:ネガティブコンテンツの上位表示

サジェスト汚染以外のケースとして、会社名やサービス名、商品名等で検索したときに、上位にそれらのネガティブなニュース記事や口コミサイトが表示されるケースもネット風評被害の一つです。
ネット風評被害の実例


本ケースの場合、逆SEO対策という手法でネガティブなサイトを押し下げる対策を行います。2ページ目以降に押し出すことで非常に高い確率で人目につかなくなるため、SEOの技術を応用して逆SEO対策を行います。

被害③:悪い口コミ

グーグルのマイビジネスや転職サイトなど、その会社や商品に対する口コミを書ける場所が昨今では増えてきました。これらのネガティブな口コミもネット上の風評被害の一例です。

悪い口コミの例

口コミの影響は非常に大きく、ネガティブな口コミが書き込まれてからお客さんが来なくなったなどのご相談が多数寄せられます。弊社ではポジティブなレビューを増やすサポートをさせて頂きます。

3つのネット風評被害の例をご紹介してきましたが、ネット風評被害は、取引先や就活生、一般消費者に悪印象を与え、ひいては売上の減少や人手不足、最悪の場合は倒産にまで追い込まれる可能性すらあります。

風評被害の例

当社では、このようなネット風評被害にあわれている企業様にネット風評被害対策をご提供しております。ネット風評被害でお悩みのお客様は、風評被害対策の知見が豊富な当社にぜひ一度ご相談ください。

風評被害対策資料請求

風評被害対策のやり方

各風評被害対策はどのように行うか解説します。

被害①:関連検索ワードの汚染➡関連検索ワード非表示対策

関連検索ワード汚染の場合、汚染されたキーワードの代わりにいくつかのキーワードを用意し、そのキーワードを表示させて汚染ワードを非表示にするというのが主な対策になります。

関連検索ワード対策

被害②:ネガティブコンテンツの上位表示➡逆SEO対策

逆SEO対策は、求人サイトやSNS、ブログなど各メディアを立ち上げて上位化させ、ネガティブなサイトを2ページ目に押し下げる対策を行います。対策を行うキーワードに関連したコンテンツの数や、ネガティブサイトの順位などにより、対策の分量は大きく変わってきますが、6ヶ月〜12ヶ月の対策期間を要します。

逆SEO対策の手法

強いドメイン上でコンテンツを制作し、それらをSEO対策で上げていきます。また場合によっては2ページ目に存在するコンテンツのSEO対策を行い、1ページ目に押し上げるSEO対策を行う事もあります。

被害③:悪い口コミ➡投稿サポート

悪い口コミ自体を削除することは基本的にできません。そのため、当社の方でポジティブな口コミを増やすサポートをさせて頂きます。

google口コミ対策

風評被害対策の費用

風評被害対策は長期で対策を行うことが必要となるため、できる限り低コストでサービスがご提供できるよう心がけております。もし当社よりも低料金の対策会社様がございましたらお気軽にお申し付けください。

関連検索ワード対策:40,000円/月〜
口コミ対策:12,000円/月〜
逆SEO対策:100,000円/月〜
※費用は状況によって異なります。お気軽にお問い合わせください。

よくある質問と答え

Q.ネット風評被害が起きているかどうか、どこを見ればよいですか?
A.Yahoo、Googleそれぞれにおいて、PC、スマホで会社名や商品名(サービス名)で検索し、関連検索ワード部分や、1ページ目のコンテンツをチェックしましょう。この部分にネガティブなコンテンツやキーワードがないかどうかをチェックすることが最重要です。

Q.通常の検索で、自社サイトのSEOに影響が出る心配はありませんか?
A.風評被害対策を行うことで、対象サイトの順位が下がってしまうなどの報告はこれまで一度もございませんのでご安心下さい。

Q.風評被害が起きていないかを毎日チェックするのは大変です・・・
A.風評監視ツールの導入をご検討ください。毎日システムが風評状況を監視し、管理画面を見るだけで一目で状況が分かるようになります。

お問い合わせ

風評被害対策資料請求