サジェスト(オートコンプリート)欄にネガティブなキーワードが表示されてしまい、頭を悩ませている企業様が多い中、ネガティブワードの中でも特によく見受けられる「やばい」というキーワード。特に企業名での検索の際に現れやすい傾向にあるようで、担当者様も疑問を持たれていることが多いようです。

確かにこのやばいというキーワードは、特にネガティブな材料が会社様になければ普通現れることはありません。それなのに、なぜこの「やばい」というキーワードが表示されてしまうのでしょうか?考えられる原因を紐解いていきたいと思います。

企業名+やばいと検索するユーザーがいる

サジェストはよく検索されるキーワードが表示されやすいということは、Googleからも公式アナウンスされています。そのため、まず考えられるのは、「企業名+やばい」で検索するユーザーが存在するということです。検索意図はわかりませんが、元従業員や従業員の会社に対する嫌がらせであったり、その会社様に対して何かしらやばいと感じた一般ユーザーが検索したりするケースは考えられそうです。これに関しては、検索者を特定することは不可能ですし、半分事故と思うしかないと当社では考えます。

キーワード「企業名+やばい」を含むコンテンツがWeb上に存在する

これはGoogleに限ったお話になりますが、Googleのサジェストは検索クエリだけでなく、Web上のコンテンツも見ていると言われています。企業名とやばいの関連性が高いとGoogleが判断すればサジェストに表示される可能性があるため、単純に「企業名」と「やばい」を含むコンテンツがWeb上にたくさん存在すると、Googleが関連性が高いワードと判断してサジェストに表示される、となるわけです。

この「やばい」に関するコンテンツが生成されるケースとして、二つのケースがあります。一つは、何らかの原因でネガティブなサジェストワードが表示されており、それを見てアフィリエイターがそのワードを含むコンテンツを作る場合。もう一つは、何かしらの意図を持って第三者が「やばい」を含むコンテンツを作成する場合です。
前者の場合はSEO対策の一環として行われます。サジェストに表示されるキーワードを含むコンテンツを作ることでSEO対策に効果があると言われているためです(最近はその効果は落ちてきています)。後者はコンテンツを多くの人に知ってもらいたい、あるいはView数を稼ぐために引きのある「やばい」というキーワードを使った、など色々なケースがあると思います。いずれにせよこのようなコンテンツが存在すること自体が好ましくないのでなんとかしたいところです。
幸いサジェストと異なり、サイト制作者とは連絡が取れます。そのため、コンテンツの削除要請などをすることが可能です。コンテンツがなくなったからといってすぐにサジェストが消えるわけではありませんが、仮にサジェストに「やばい」が表示されていてもクリックした先に「やばい」を含むコンテンツがなければ、被害は最小限に抑えられます。コンテンツの削除などは弁護士様と相談してみるのが良いでしょう。

やばい対策ございます

グーグルの場合、サジェストを非表示にするのにお時間がかかりますが、少し視点を変えた別の対策が有効となる場合があります。また「やばい」以外にもネガティブワード全般で有効です。もしご興味ございましたらお気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。