グーグルでキーワード検索を行う際、便利な機能の1つでもある検索候補機能。オートコンプリート機能とも呼ばれているこの機能は、いろんな人がよく検索しているキーワードを羅列してくれるので、入力の手間が省けて便利な一方、表示させて欲しくないキーワードが表示されることも多々あり、当社にもよくご相談いただきます。

例えば、会社名を入力したときに「ブラック」というキーワードが予測変換として表示された場合。会社名を検索していると言うことは、その人が少なからずその会社に興味を持っていたり、調査や情報収集を行っていることが考えられます。そんな中、「ブラック」というキーワードが表示されていたら、少なからず良いイメージは持たないのではないでしょうか。グーグルの検索候補表示機能は非常にやっかいで、一度表示されてしまうとなかなか消えません。そのためにも2つのアプローチを試みる必要があります。

検索候補一覧の右下に表示されている「不適切な検索候補の報告」からグーグルの申請

1つ目のアプローチは、グーグルに報告して削除してもらう方法です。キーワードを入力語、検索候補の右下に「不適切な検索候補の報告」という表記があるのが分かるかと思います。ここからグーグルに申請を出すことが可能なので、まずはこちらから申請してみましょう。

検索候補の削除申請

しかし、こちらの機能の問題点は、グーグルが100%対応してくれるとは限らない点です。むしろ、削除されることの方がまれと言われています。グーグルは公平性を重視しているため、個人的主観程度のキーワードでは削除に応じない方針のようです。そのため、申請して1ヶ月経過しても消えない場合は、諦めて2つ目のアプローチ方法を試す必要があります。

業者に依頼する

検索候補は、アルゴリズムに基づいて表示されています。そのため、アルゴリズムに知見がある業者であれば、対応可能なケースがあります。もちろんこのアルゴリズムは、公表されているわけではないため、誰でも知っているわけではありません。専門の業者に依頼するときは、

●実績はどれくらいあるのか
●成功率はどれくらいか

上記の項目を中心に確認するようにしましょう。

そもそも、このグーグルの予測変換機能を出さないようにはできないの?

結論から申し上げると、出さないようにすることはできません。以前は、グーグルのブラウザの設定でオフにすることができたのですが、現在はできないようになっています(このあたりはグーグルの仕様なので、今後変更になるかもしれません)。また、あくまでもそれは自分自身の設定の話なので、他のユーザーが検索する時には、そのユーザーがデフォルトの設定にしている限り表示されてしまいます。そのため、検索候補に表示されるキーワードは、多くの検索ユーザーの目にとまることに変わりはありません。

もし表示させたくないキーワードが表示されてお悩みの方は、是非一度当社までお気軽にご相談ください。最適な対処方法をご提案させていただきます。