アルゴリズムがアップデートされる毎に順位変動が起こり、振り回されてお悩みの企業様が多いようです。

最近の上位サイトの傾向として、ドメインの強さが挙げられます。ドメインの強さとは、運営歴や企業の知名度などが大きく影響しているため、なかなか対策しづらいのが実情です。特にBtoCの領域で特にこの傾向は顕著に表れているため、新興企業様や知名度が低い中小企業様が苦戦を強いられるアルゴリズムとなっています。
今までのSEO対策というと、被リンクの獲得やコンテンツSEOなどが定石でした。もちろん、今でもこれらの対策は効果が全くないわけではありませんので、地道に積み重ねていくのと同時に、最新のアルゴリズムののトレンドにも合わせて対策をしていく必要があります。

ドメインを強くするにはどうすればよいか

ドメインのパワーを強くするのに手っ取り早いのは、強いドメインから被リンクをもらうことです。極端な話、スマートフォンに関するサイトの順位を上げたい場合はNTTドコモ社のサイトから被リンクをもらえば強くなります(もちろん現実的ではありませんが)。あるいは良質な強めの中古ドメイン上で関連サイトを構築し、被リンク設置するのも有効です。中古ドメインは当たり外れが大きいですが、今でに有効であることが確認されています。ただ、中古ドメインは圏外に飛びやすいため、あくまでもサテライトサイトとして使用することをオススメします。

SEO対策とドメイン

被リンクのSEO対策は当社におまかせください

サテライトサイトは1つの手段ですが、強いドメインからリンクを獲得する方法は、実はまだまだたくさんあります。当社のSEO対策は、コーディングの見直し、コンテンツの制作から被リンク対策まで一貫してご提供しておりますが、被リンク対策に関しては少し変わったメニューを設けております。また強いドメインから被リンクを獲得する方法についてもサポートさせて頂いておりますので、SEO対策でなかなか結果がでない企業様は、是非一度お気軽にご相談ください。