Microsoft社の検索エンジン・bingのサジェストや関連キーワードを削除したい場合、ヤフーやグーグルと同様のサジェスト削除対策を行うことで非表示にすることが可能です。

bingとは?

bingはヤフー、グーグルに次ぐ第3の検索エンジンで、ブラウザ『Microsoft edge』のデフォルトの検索エンジンに設定されていることが多いです。そのため、ウィンドウズを使っていて、グーグルchromeなどをわざわざ自らダウンロードしたりせず、そのまま内蔵されているブラウザであるMicrosoft edgeを使う、と言ったケースが多いと思われます。シェア率を見てみると、そこまでシェアが高いわけでもないですが、2021年7月のデータでは、bingのシェアは7〜8%となっています。

bingの利用シェア

これを多いと見るか少ないと見るかは難しい判断ですが、前述したとおり、WindowsのPCユーザーで、使いやすさを求めて自ら他のブラウザをダウンロードしたりすることがないような人が使う傾向にあるので、そのようなユーザーが貴社のサービスや会社を検索することが想定できる場合は、bingのサジェスト対策も行った方が良いと考えるのが良いでしょう。

bingサジェストの仕組み

bingのサジェストの仕組みは、公開されていないものの、ヤフーやグーグルと同様と考えられます。よく検索されているワードで、関連したコンテンツがWeb上に存在しているキーワードが表示される傾向にあるようです。また更新頻度はやや不規則で、数ヶ月に1回程度の場合もあります。そのため、実際に対策を行ってみないと動くかどうかがわからないため、当社にお申し込みいただく場合は、非表示化に成功したときに費用をいただく成功報酬体系でご契約いただきます。

bingのサジェスト対策は当社にご相談ください!

bingのサジェストや関連キーワードの汚染にお悩みの方は、当社までお気軽にご相談ください。

bingのサジェストや関連キーワードの非表示対策はこちらをご覧下さい。