インバウンド広告で訪日中国人にPRしてみませんか?

訪日中国人を中心としたインバウンド需要が日本国内でも急速に増えてきており、インバウンド広告を検討されるクライアント様も増えてきております。しかし、日本と中国では消費者のニーズも考え方も刺さるWebマーケティングも全く異なるため、きちんとその地域に特化(ローカライズ)させた広告を打たないと無駄打ちになってしまいます。そもそも、インバウンドを取り込んでいくためにどのような広告がうてるのでしょうか?今回は訪日中国人にアピールするための広告施策をご紹介していきます。

中国マーケティングはBaiduの対策が最重要

中国人が日本に観光に来るとき、どのような行動を取るのでしょうか?逆の立場で考えてみると、例えば日本から韓国に旅行に行く場合、韓国の名物スポットやおいしいお店、ホテルの口コミなどを調べると思いますが、中国でもこのような流れは同じです。検索エンジンでキーワードを検索し、情報収集を行います。中国ではgoogleやYahoo!はほとんど使われませんので、百度(Baidu・バイドゥ)という検索エンジンを使用してキーワード検索を行います。
<<百度の検索ページ>>

検索結果ページの構造もgoogleやYahoo!とほとんど変わりません。キーワード入力途中にサジェストが表示されますし、リスティング広告は上部に数件(検索ワードによって件数が異なります)表示される点も同じです。異なる点は、右側に関連するコンテンツが表示されたり、信頼の置けるサイトにVマークが表示されたりします。
中国人は日本と違い、広告に対して比較的寛容で興味を持ったものは先入観などを持たずにクリックする傾向が強いです。広告であろうと気にしません。サジェストの部分もクリック率が日本と同等、あるいはそれ以上に高く、リスティング広告とサジェスト対策は中国内でも有効な広告と言えます。もちろん、検索順位が上位にあればあるほどクリック率が高い点も同じなので、SEOも効果的です。インバウンド広告はリスティング広告、サジェスト対策、SEO対策をまずはご検討ください。

百度の検索エンジンにはどうやって登録されるの?

中国では行政機関(工信部)がWebサイトを一元管理しています。そのため、サイトをサーバーにアップすれば勝手に百度のインデックスに登録されるわけではありません。中にはサイトマップを送信しただけで登録されるケースもありますが、基本的には

工信部への申請

ICP登録番号の発行

サイトへの掲載

百度の登録申請

サイトマップの送信

上記のような流れが基本となります。当社では中国語サイト作成からBaidu登録までワンストップでサポートさせて頂きます。

インバウンド広告で先行者利益を獲得するチャンス

Webマーケティングの鉄則はスピード感です。インバウンド需要はまだ伸びると言われており、多くの企業様が今後インバウンドの獲得に向けて動いていくことが想定されます。そうなると国内でも起きているようにリスティング広告の高騰化、SEO対策の難易度の上昇などが中国内でも同じようにおこります。当社では様々なインバウンド向け広告をご提供しております。インバウンドを積極的に取り込んでいきたいとお考えの企業様はぜひ一度ご相談ください。

Copyright 2017 Luminage Co., Ltd