なぜサジェストや虫眼鏡にブラックや倒産と表示されるのか

突然ですが、Yahoo!やGoogleで御社名で検索したとき、サジェストや虫眼鏡にブラックと表示されていないでしょうか?

新規の取引や採用活動において、企業担当者や新卒の学生が会社名で検索するケースは意外と多いものです。そんな中、会社名を入力したときに『ブラック』『倒産』という非常にネガティブなキーワードが表示されているのを検索ユーザーが見たらどのような印象を持つでしょうか?実はこの“ネット風評被害”に悩む企業様は意外と多く、発見次第『こっそり』とサジェスト対策会社に依頼をするケースが増えています。

そもそも、なぜこのようなブラック、倒産といったようなネガティブなキーワードがサジェストに表示されるのでしょうか?競合他社が嫌がらせをしているのでしょうか?

実はこれに関しては色々なパターンがあり、ブラックにおいては新卒のユーザーが企業名+ブラックで検索するケースが増えているからです。最近ニュースでもブラック起業に関するニュースが多く報道されるようになり、就活中の学生は企業の口コミや評判を必ずと言っていいほど調べます。その際にブラック企業でないかどうかも調べるため、『会社名+ブラック』というキーワードで検索します。一人のユーザーが検索するだけでサジェスト表示されることはありませんので、不特定多数のユーザーが検索し、結果としてそのキーワードがサジェストや虫眼鏡に表示されてしまっているのです。

倒産においては、発端は学生よりも投資家が多いと推測されます。企業のネガティブなIRが出て投資家が倒産するんじゃないかと危惧して検索します。それがブラックと同様、不特定多数のユーザーが検索することでサジェストや虫眼鏡に表示されてしまい、それを就活生や企業担当者が見て敬遠するという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

この現象をなんとしてでも防ぎたいところですが、実は防ぎようがありません。表示されたものを非表示にすることはできますが、検索者は常に一定数いるため非表示になった後も表示されないように対策し続けないとまた表示されてしまいます。
そこで当社のようなサジェスト対策会社がサジェストや虫眼鏡の部分を常にキレイな状態になるよう、対策を行います。

しかし、こんなところにコストをかけたくないというのが企業様の本音だと思います。当社では、このようなクライアント様のご希望に添えるよう、採算度外視でサジェスト、虫眼鏡の非表示対策を行っております。少しでも安くサービスを導入したい企業様はぜひお気軽にお見積もりを依頼してください。

Yahoo!サジェスト・虫眼鏡非表示対策はこちら
Googleサジェスト・関連キーワード非表示対策はこちら

Copyright 2018 Luminage Co., Ltd